teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:18/289 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

医歯薬大会 結果報告

 投稿者:藤巻昂太  投稿日:2019年 3月21日(木)22時58分24秒
  通報 返信・引用
  お疲れ様です。主将の藤巻昂太です。
少し日数が経ってしまいましたが、先日、3/4~7日の日程で千葉県のキッコーマンアリーナで行われた東日本医歯薬卓球大会に参加して参りましたのでその結果をご報告いたします。
以下が大会の結果です。
<団体戦>
男子Aチーム ベスト16
男子Bチーム ベスト16
男子Cチーム 予選リーグ敗退

女子Aチーム 第3位
女子Bチーム 予選リーグ敗退
女子Cチーム 予選リーグ敗退

<シングルス>
女子 佐藤真紀 ベスト8
        木村悠奈 ベスト8
        小林桜子 ベスト16
        髙橋真央 ベスト16

<ダブルス>
女子 小林・髙橋ペア ベスト4
        佐藤・木村ペア ベスト16

今大会は、普段対戦する機会の少ない、薬学系の大学も参加し大会の出場人数自体も約800名にものぼりました。今年度最後の大会ということもあり、我が部からも約30名が参加をしました。
大会開催時期が例年よりも一週間早かったため、学期末の試験期間や実習の兼ね合いで練習できる時間が少ない中、各人が自分たちの課題に取り組み、大会会場へと出発しました。
団体戦では、男子の方はA、Bチームが決勝トーナメント進出にし、どちらのチームも白熱した戦いを展開しましたが惜しくもベスト8の壁を越えることは敵いませんでした。しかし、先に敗れたチームの部員が一緒になって全力応援している姿は、弘前大学らしさを見せられたのではないかと思います。女子の方は、卒業生と一年生で構成されたAチームが第3位入賞を果たしました。男子に勝るとも劣らない、全力応援の元、偉大な先輩と次世代の後輩が一つになって勝利を目指す姿を見て、医学部卓球部の絆を感じられました。
昨年の大会では最終日である4日目に誰も残らないという事態になってしまいましたが、今大会では、女子個人戦で複数名が最終日に勝ち残ることができ、部員全員での応援をすることができました。試合に勝ち進んで素晴らしいプレーを見せてくれる選手はもちろんですが、自分の試合が終わっても帰らずに会場に残り、仲間のプレーを応援する医学部卓球部の部員のことを僕は誇りに思います。試合に敗れ、満足のいかない結果に終わってしまった部員も今大会を通じて何かしらの刺激を受けたはずです。これからは、その受けた刺激を練習に還元してまた次の大会に臨みます。

今大会を持って、これまで6年間または4年間、偉大な戦績を残し、後輩たちにその背中で戦う姿勢や応援する意味を教えてくださった卒業生が引退となります。もうこれからは、大会で先輩方の熱いプレーを見ることはできないのかと思うと寂しい気持ちにはなりますが、僕たち在校生は、その先輩方に負けないようなプレーをしていかなければいけないと決意する次第です。

今大会中にはOBの長坂先生がご多忙の中、わざわざ大会会場まで応援に駆けつけてくださいました。長坂先生の影響力は、卒業されても、部員に与えるものは多大であり、試合と応援にますます気合が注入されたのを実感できました。また、差し入れと暖かいご支援もいただきました。本当にありがとうございました。

最後になりますが、今大会を通じて、応援、ご支援してくださったOB、OGの先生方に感謝申し上げます。
これからも、さらに良い戦績を残せられるように普段の練習に精進して参りますのでどうぞ、よろしくお願いします。

医学部卓球部 主将
藤巻昂太
 
 
》記事一覧表示

新着順:18/289 《前のページ | 次のページ》
/289