teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:28/289 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

東北リーグ 結果報告

 投稿者:藤巻昂太  投稿日:2018年 5月21日(月)15時48分8秒
  通報 返信・引用
  お疲れ様です。先日5月19、20日に第56回東北地区医科学生卓球大会(東北リーグ)が新潟市で行われました。今大会からは新設された東北医科薬科大学が初参加し、大会全体としてますますの盛り上がりを見せておりました。以下にその結果をご報告いたします。

・男子団体 優勝(3年ぶりの奪冠!)
・女子団体 優勝(5連覇達成!)
・男子シングルス
    第3位 小田桐直生
・女子シングルス
    優勝 佐藤真紀
    第3位 髙橋真央

・夜の部(レセプション)
    第6位

以上のような結果となりました。
団体戦では3年ぶり2度目となるアベック優勝を果たすことができました!
男子では、近年惜敗が続いていた宿敵、東北大学を破っての優勝ということもあり、喜びも一塩というところであります。女子は、入部したての一年生が即戦力となって戦ってくれ、加えて歴戦の上級生が盤石の強さを示しての優勝となり、まさに完勝の5連覇達成となりました。
今大会は僕が主将となってから始めての大会となりましたが、改めて弘前大学の団体戦での強さを実感することができました。レギュラーメンバーが試合で全力を尽くして戦ってくれたのは非常に素晴らしいことですが、団体戦の試合に出場できない人も全員が声を限りに応援することで、個人競技と思われがちな卓球で、部全体としての一体感が生まれ、このように団体戦で結果を残せたのではないかと思います。
ただ、個人戦では思うような成績を残せなかった人が少なからずいたことも事実です。
これからの目標としては、今大会の成績に慢心することなく、某サッカー選手が主張していたいわゆる「個の力」を伸ばすために日々の部活動や自主練習に励んでいきたいと思います。

大会1日目の夜に行われたレセプションでは恒例の新入生による芸出しが行われました。2年連続の優勝とはなりませんでしたが、1年生が堂々とステージで発表する姿はなんとも微笑ましく思えました。(僕の中では弘前大学がレセプション優勝です!)

8月には東医体と全保体が控えております。それらの大会では、今回の東北リーグの結果に恥じぬような成績を残したいと考えています。今後とも、ご指導とご鞭撻の方よろしくお願いいたします。

最後になりますが、今回の東北リーグに際して応援、ご援助いただいたOBOGの皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

弘前大学医学部卓球部主将 藤巻昂太
 
 
》記事一覧表示

新着順:28/289 《前のページ | 次のページ》
/289