teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


かながわ教育・文化フォーラム2018

 投稿者:オイラー  投稿日:2018年12月24日(月)20時48分11秒
返信・引用
   暮れも押し迫ってきた師走の22日(土)に二俣川サンハートで開催された「よこはま・あさひ寄席」へ行ってきました。毎年、高校教育会館主催で開かれる入場料無料の寄席です。
 プログラムの最初は、主催団体が支援する高校生平和大使の報告です。海外で行った署名活動の感想や、スイスのハイデンにあるアンリ・デュナン博物館の職員や地元の高校生たちとの交流の様子を生き生きと伝えてくれました。
 演目のトップは若手落語家の三遊亭伊織さんです。お酒に絡む楽しい噺を聞かせてくれました。「にわとり上戸」って分かりますか?オートットット、トットットを連発する酒飲みのことだそうです。酔っ払った田舎侍と町人のろれつの回らない掛け合いを身振り手振りで演じられ場内の笑いを引き出しました。
 二番手は今日の紅一点、三味線漫談の林家あずみさんです。達者な三味線と唄で、「長崎ぶらぶら節」から始まり難曲「おきよ・しゃもじ」を演じてくれました。あずみさんは笑点でおなじみの林家たい平さんの一番弟子とのことで、修行時代の話や師匠の隠れたエピソードを楽しく話してくれました。
 中入り後、とりは真打の金原亭馬玉師匠です。まくらは、言葉を覚えたての赤ん坊にまつわる怪談噺。赤ん坊に呼ばれたおっかあが亡くなり、おっとうが呼ばれた翌日亡くなったのは?怖い噺のオチに観客爆笑。続いて間男の小咄を振った後、名作「紙入れ」を演じられ噺のうまさに全員惹きつけられました。
 最後は恒例の「今日の教育に物申す!」です。今回は出演者の三人に部活動の問題を語ってもらいました。話は部活動に限らず多岐に渡り、笑いの中にも教育・子供の問題解決に向けて多くの示唆を与えられました。
 
 

シニア写真同好会

 投稿者:ワタリ  投稿日:2018年12月13日(木)12時40分19秒
返信・引用
  神高教シニア運動写真同好会の写真は
高校教育会館玄関に展示しています
今回、写真の交換作業および忘年会を開催します

日時:12月20日(木)午後3時~
場所:高校教育会館会議室
 

写真同好会合評会

 投稿者:ワタリ  投稿日:2018年11月14日(水)20時59分39秒
返信・引用
  10月18日のシニア写真同好会の撮影会の作品を持ち寄り
合評会を開催します

日時:11月15日(木)午後3時~
場所:高校教育会館会議室
 

それは良かった

 投稿者:me  投稿日:2018年10月20日(土)19時28分33秒
返信・引用
  1万歩で翌日筋肉痛では鍛錬が足りません。
趣味の写真と同時に歩けるのが良いのですよ。
私は毎日のように一万歩ですから少なくとも筋肉痛にはなりません。
デモもそうですね。
歩けるのがどちらかというと良いのでは。


 

大倉山は坂の多い街だった

 投稿者:tama  投稿日:2018年10月20日(土)11時07分1秒
返信・引用
  10月18日のシニア写真同好会の撮影会に参加してきました。
駅からの上り坂。
最初は藤棚に比べれば‥‥と、皆意気軒昂だったのですが、山あり谷あり階段ありのコースをこなして、たどり着いた最後の反省会で歩数計を確かめると、軒並み一万歩超え!
翌日の筋肉痛に、足腰の鍛練の成果を実感し、健康に役立った喜びを噛みしめたのは間違いありません。
建物、電車(!)、花や紅葉、犬やトンボ、大山から遠くのスカイツリーまで、素敵な被写体が盛りだくさんの撮影会でした。
成果は来月の本部ロビーの展示の更新にて。
どうぞお楽しみに!\(^^)/
 

写真同好会

 投稿者:ワタリ  投稿日:2018年 9月18日(火)12時30分53秒
返信・引用
  秋の撮影会
日時:10月18日(木)午後2時
集合場所は東横線大倉山駅改札口
撮影場所:大倉山近辺

どなたでも参加できます
 

国会を見よう!

 投稿者:ヒラヤマ  投稿日:2018年 8月 6日(月)12時33分32秒
返信・引用
  8月3日参議院議員会館講堂で行われた国会パブリックビューイング第1回シンポジウム、会場は満席で3方向の壁面だけでなく演壇上手にまで補助イスが出されるほどの盛況だった。
最初に代表の上西充子さんから国会パブリックビューイングのねらいと実践について話があった。裁量労働制のデータ問題があり、もっと危ない高プロについて(通ってしまったが)加藤大臣の答弁があまりにも酷くて気づいていない人に何とか気づいてもらいたい。国会の液状化を多くの人に伝えたい、と考えた。だらだらと全く違うことを答弁しているのにニュースで流れる5秒くらいでは内実が伝わらない。かといって「反対!」っていうと見てもくれない層には届かない。そこで国会の審議をありのまま街頭で上映してみようと思いついた。ただ流すだけなのに効果はあったと思う。
荻上チキさんは、今のメディアは問題だよね、と言うだけじゃなくて自分たちで発信できるようになった。SNSに書き込みをするだけでも社会運動につながる時代なんだ。
逢坂議員は、24年の議員生活の中で今の国会の状態は一番酷い。どうしても国会改革が必要だと話した。国会の大きな役割は法律を作ることだが、いかに野党に配慮して運営していくかが大事。法案が出てくる前に政府と与党は議論して、賛成することが決まったものが出てくる。なのに、今国会では与野党の時間配分を5対5にしろと言ってきた。とんでもないことだ。また、審議にあたってこちらが出したい資料も与党が反対すれば出せない。最終的に多数決で決めるのはわかるが、審議のプロセスも多数決で決められている。これはおかしいことだ、と。公文書管理法にも大きな不備がある。改竄・隠蔽・遺棄・捏造・虚偽答弁・・・・、今、出てきた資料はいちいち正しいものなのか確認しなければ議論が成り立たない状況だ。アメリカはウォーターゲート事件をきっかけに公文書管理を見直した。日本でも必要だ。
休憩をはさんで質疑応答が行われ、参加者たちの熱気が伝わってくる2時間だった。
3月からの国会前木曜行動や毎月の19日行動。顔なじみの人も増え、安倍政権打倒!の思いを共有できる。でも、ほかの人に広がらないなあと感じていた。今日のシンポジウムに参加して、私たち一人一人が情報を発信できる時代なんだ、と改めて思った。できることをひとりから。まずは国会を見よう!国会は下手なドラマよりずーっと面白い。
 

国会を見よう!

 投稿者:ヒラヤマ  投稿日:2018年 7月23日(月)18時22分53秒
返信・引用
  国会パブリックビューイングの試写会に参加した。
国会では1日あたり数億円もの国費をかけて審議が行われている。高プロやカジノ法など私たちの生活にとても大きな影響を及ぼす重大な内容なのに、虚偽答弁・ごまかし・論点ずらしだらけのなんとも酷い内容だった。テレビのニュースではまともに見えるところをつなぎ合わせてしまうので、安倍さんが頑張っていて野党は反対ばかりのイメージになってしまい、その酷さが多くの人には伝わらない。テレビが伝えない国会の真実の姿を街中で多くの人に見てもらおう、と始まったのが国会パブリックビューイング。新橋や新宿でゲリラ的に始まったこの試み、今回はだれでも上映できるようにと50分ほどの映像にまとめたものの試写会だった。第1話は「働き方改革ー高プロ危険編ー」、裁量労働制や高プロのデータ問題を指摘し続けた法政大学の上西教授の解説付きでとても分かりやすい。いろんなところで上映したらきっとインパクトがあるはずだ。
8月3日(金)16:30~18:45には参議院議員会館講堂で、上西充子さん、荻上チキさん、逢坂誠二さんによる国会パブリックビューイング第1回シンポジウムが開かれる。参加費無料、事前予約不要。国会可視化の取り組みにぜひ参加を!
 

憲法改正問題シンポジウム

 投稿者:オイラー  投稿日:2018年 7月13日(金)12時10分30秒
返信・引用
  「自衛隊を憲法に明記!?国や社会はどう変わるのか」
 2018.7.12開港記念館で神奈川県弁護士会主催の表記の憲法改正問題シンポジウムが開かれました。
内容は憲法学者の青井未帆さんと新聞記者の望月衣塑子さんの講演と対談です。
 始めに登壇された青井さんは、大規模災害に対応するため憲法に緊急事態条項を加えることが必要と主張する安倍首相が、関西地区の大災害が予想される前日大宴会に興じていたことを指摘し、首相の改憲に対する欺瞞を批判された。さらに9条加憲について話され、自衛隊が明記されることにより統帥が国務を飲み込む可能性があり、その権限は人権を上回る危険性もあると話された。憲法に明記されている会計検査院を比較に出され、「会計検査院は、内閣に対し独立の地位を有する」の重みを強調された。いま防衛省は行政機関の一つに過ぎないが、明記により自衛隊は憲法上の完結性の高い自律的武装集団に位置付けられてしまう。そうなると政治的コントロールが難しくなる可能性も出てくると危惧された。
 次に登壇された望月さんは、記者としての私のテーマは権力側が隠そうとすることを明るみに出すことだと話され。話題となった菅官房長官とのやりとりを長官の声色まで交え表現豊かに解説。詩織さん事件や米韓合同軍事演習などの質問と、その後の様々な保守メディアやネットの反応を紹介された。続いて、2014.11萩生田文書「公正中立、公正な報道姿勢を」からTV各局の報道が萎縮した(電波免許法の脅し?)ことが、相次いだキャスター(国谷、古舘)、識者(姜尚中、金子勝)降板などをもたらしたと。またメディアが権力に利用される危険性も指摘された。読売5.3一面「9条改憲」(首相推薦)、前川前次官の出会い系バー報道、釜山総領事の記者メモによる更迭、繰り返されるメディアトップと安倍首相との会食など枚挙に限りがない。
 2人の講演の後、主催者側の弁護士福田護さんがコーディネーターとして加わり、パネルディスカッションが行われた。限られた時間内で取り上げられたテーマは①武器輸出と9条②改憲についてである。望月さんは取材を通して感じたのは、「武器輸出三原則」が国是として守られたのは9条が生きていたからだと、それが政権与党によって武器が防衛装備に変わり国際武器見本市出品へと変遷してしまったと。青井さんからは、軍需産業増収の狙いが見受けられるが、武器輸出のノウハウを持たない日本はアメリカの部品製造下請けにしかなれないとの指摘。さらに改憲では一般の人に肌感覚で感じにくいのが問題点。望月さんは自衛隊リクルートの問題で経済的徴兵制へ向かい、若者にとっても人ごとではないと話された。青井さんは大学生の就職状況好調の反面中途退職の割合も高い、企業は間口を広げて選別する傾向も感じられる、労働問題は各世代で情報を共有することが大事と発言された。
 最後に、望月さんは改憲は平和主義の全面否定になる。青井さんは後戻りできない状況をもたらし、自衛隊はアメリカ軍の要請に断る理由がなく、従属するしかないとまとめられた。主催者から聴衆者は400名を超えたと発表があった。

 

6.19国会議員会館前行動

 投稿者:ヒルベルト  投稿日:2018年 6月21日(木)11時41分11秒
返信・引用
  「安倍9条改憲NO!森友・加計疑惑徹底追及!安倍内閣退陣」を掲げる集会に参加してきました。主催者代表によるシュプレヒコール「安倍政権は今すぐ退陣!」で始まり、各政党代表者の熱のこもった演説が続きました。
○共産党の小池晃さん
 大阪大震災・W杯のタイミングに合わせた加計学園理事長の姑息な25分記者会見が行われた。加計理事長を国会へ喚ぼう。与党が提出した「働き方改革」、「参院選改革」はデタラメでとんでもない法案であり、安易な会期延長は許せない。
○社民党福島瑞穂さん
 地震列島日本で原発を動かしてはならない。「モリカケ問題」は閉会中審議でも糾明すべき。加計・昭恵の証人喚問が必要。「働き方改革」は労働時間規制がなくボロ雑巾になるまで働かせるとんでもない法案。「カジノ法案」は人を不幸にする法律で禁じられた”博打”を認めるもの。
○立憲民主党神谷裕さん
 「カジノ法案」が強行採決されたのはとんでもないことだ。力を合わせれば必ず政権を倒せる!最後まであきらめずに頑張ろう。
 その後も主催者の「9条を壊すな実行委員会」ほか各団体から安倍政権を非難する発言が続き、最後は韓国の市民団体から贈られた朴政権を倒すデモの象徴となったキャンドルを掲げて、闘いを続けようのアピールで閉会しました。
 わずか1時間あまりの集会でしたが、民主主義を大切にしようとする人たちの熱気を感じるものでした。
 

レンタル掲示板
/22