teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


陸羽西線(奥の細道・最上川ライン)長期運休

 投稿者:オイラー  投稿日:2022年 5月12日(木)16時45分8秒
返信・引用
   JR東日本の陸羽西線が、道路工事の影響で今年の5月14日から長期(約2年間?)にわたり運休になるというニュースを聞いた。この路線は愛称「奥の細道・最上川ライン」とも呼ばれ、山形県の新庄~余目間を最上川に沿って運行する絶景路線である。その一方、赤字ローカル線でもあることから、工事の状況次第では今後乗車する機会が得られるのかと心配が頭を横切った。
 連休が終わるのを待ち、運休前に是非いま一度乗車しようと思い立った。山形新幹線で内陸部を新庄まで乗車し余目を目指すのが最短コースだが、今回は遠回りではあるが日本海ルートを選ぶことにした。それは新潟県の海沿いに見られる「笹川流れ」も楽しもうという欲張った理由からだった。
 上越新幹線で新潟まで行き、「特急いなほ」に乗り換えて酒田を目指し北上する。村上を過ぎるといよいよ日本海に臨む。海上には羊の群れを想わせる幾つもの岩々や、突然タワー状にそびえ立つ巨岩、波の侵食を受けたトンネル状の岩山などが次々に現れ、沖合には粟島の姿も眺める事もできる。まったく飽きの来ない2時間余りの乗車だった。
 翌朝、酒田から直通の余目経由新庄行きの気動車キハ110系に乗車した。轟音を上げて動き出すとまもなく、車窓から山頂に雪を戴いた鳥海山の姿が堪能できる。余目から陸羽西線に入ると、いきなり馬力を上げ時速90Kmの猛スピードで走行するのに驚かされた。それでも、蛇行する最上川沿いに差し掛かるとスピードを落とし、渓谷の美しさを存分に楽しませてくれた。沿岸の道路には川下りの乗船場や茶屋なども見てとれる。新庄に近づいて川から離れると、遠くに月山の姿も垣間見えた。
 晴天に恵まれ、車窓を満喫した2日間の鉄道旅であった。2年後JR東日本が、陸羽西線を再び景観の楽しめる形で復活させることを切に願うばかりである。
 
 

写真同好会

 投稿者:ワタリ  投稿日:2022年 5月 5日(木)20時55分55秒
返信・引用
  合評会
日時:5月11日(水)午後3時~
場所:高校教育会館会議室
内容:常泉寺の写真合評
   いつもの通り2L版を数枚
    
 

今、なぜ?「昭和の日」

 投稿者:オイラー  投稿日:2022年 4月30日(土)15時13分16秒
返信・引用
   4.29に教科書・市民フォーラムが主催した講演会「ふたたび教室から戦争をはじめてはならない」に出席した。講師は1925年治安維持法公布の年に生まれ、今年96歳になる北村小夜さんだ。小学校入学前には、爆弾三勇士を讃える行列に参加し、在校中は皇民教育を受け、出征兵士を見送り、慰問文を書き、英霊を迎え、在日差別の日々の軍国少女だったという。
 講演の初めに、自分は戦争被害者であると同時に、加害者としての自覚も持っていると話された。高等女学校を卒業した後、海軍予備学生になったボーイフレンドの「この世で会えなかったら靖国で会いましょう」に応えて、自分も靖国へ行く道はと考え救護看護婦養成所に入所したあと満洲国陸軍病院で働いたそうだ。
 敗戦後、本土に引き上げると、日の丸の旗を墨で染めて風呂敷代わりに使いさらに尻の下に敷いている中年男性を見て、物の価値観がすっかり変わっていることに驚いたという。自身はあらためて学び直し小中学校の教員になり、特に障害児の教育改善を目指し全国連絡会結成に参加。退職後は長春師範学院日本語教師も務められた。
 いま振り返ると、天皇制・教育・軍隊(自衛隊)など日本は変わらず、戦前と同じことが繰り返されている。さらに戦争をするには国民の逆らわない心と丈夫な身体が必要であるが、既に体制は整っている。2003年に健康増進法が施行されたことと、小学校音楽の共通教材が戦前と全く同じであることを指摘された。具体的には、日の丸、うみ(?行ってみたいなよその国)、まきばの朝(軍馬が大切!)、われは海の子(日清・日露戦争)、螢の光(出征兵士を送る妻)等々。戦後をやり直したい思いもあるという。
 ご高齢の上、足が不自由な中、しっかりとした口調で講演と質疑応答にのぞまれた姿に胸を打たれた1日だった。
 

写真同好会合評会

 投稿者:ワタリ  投稿日:2022年 3月25日(金)13時44分49秒
返信・引用
  先日の「神奈川宿」撮影会の合評会
日時:3月31日(木)午後3時から
場所:高校教育会館会議室
 

3・19国会議員会館前行動の報告

 投稿者:オイラー  投稿日:2022年 3月20日(日)19時37分29秒
返信・引用
  コロナ禍でしばらく19日行動に参加できなかったが、今回は感染者が減少に向ったことと、午後2時から開催ということもあり参加してきた。ロシアのウクライナ侵攻が激しさを増していることもあり、大勢の参加者があった。
立憲の阿部知子議員を始めに議員、各団体の挨拶・状況報告・行動表明が続いた。ロシアへの非難が続く中で、いくつかの団体からアメリカのアフガンやイランへの軍事侵攻、旧日本軍の朝鮮半島や中国東北部(満州)への侵略を忘れてはいけないという指摘があった。これは単に、どっちもどっちということではなく、侵略という行為が非難されるべきだという指摘だと思う。とかくマスコミやネットでは、ロシアや中国は悪で、アメリカや西欧諸国は正義という単純な二元論で取り上げることが多いように思われる。大切なのは、どの国であっても侵略という「行為」を問うことなのだ。ところが、これは私達にとってとても難しい。あるSNSでは、これまでウクライナを支持していた人が、大統領が演説の中で真珠湾攻撃にふれたことから、踵を返す態度を示した例も見られる。自国にとって不都合な歴史であっても反省をもとに、今の行動に生かしていく大切さを考えさせられた。
 

期限切れワクチンにご注意!

 投稿者:オイラー  投稿日:2022年 3月12日(土)20時26分25秒
返信・引用
  高齢者と呼ばれる歳になり、持病を抱えていることから、先日三回目のワクチン接種を受けてきた。接種後の経過観察を終えたあと接種券に貼られたワクチンシールを見て驚いた。なんと有効期限を2ヶ月もオーバーしていた。そして、言い訳のつもりか、以下のチラシ(写真参照)が渡された。政府の一片の通達により、製薬会社の定めたワクチンの有効期限が3ヶ月延長されたということだ。接種率の早期向上と購入済みワクチンの在庫処分が大事で、国民の命と健康は二の次三の次ということなのだろうか。ワクチン接種後の副反応は個人差があると思うが私の場合、接種の翌日に前回の二回で経験しなかった悪寒、発熱と全身のだるさに襲われた。これから、三回目の接種を予定されている方は、接種会場において製薬会社が設定した有効期限が守られているか、事前に問い合わせることをお勧めします。  

写真同好会

 投稿者:ワタリ  投稿日:2022年 2月23日(水)14時22分54秒
返信・引用
  以下の要領で撮影会を実施します

撮影場所:神奈川宿
撮影日時:2月24日(木)午後2時
集合場所:京急神奈川駅改札口
 

写真同好会

 投稿者:ワタリ  投稿日:2022年 1月11日(火)14時13分25秒
返信・引用
  会報47号6ページに「写真同好会 JR鶴見撮影会 報告」
が掲載されています

この時(10月7日)の写真と町田芹が谷公園の撮影会(11月25日)
の写真がこのホームページ「写真同好会作品展」で観られます

実物は高校教育会館玄関ホールに展示しています
会館訪問時に是非ご覧ください
 

写真同好会

 投稿者:ワタリ  投稿日:2021年12月18日(土)10時36分29秒
返信・引用
  合評会と写真展示作業

日時:12月23日(木)午後2時~
場所:高校教育会館会議室
内容:町田国際美術館撮影会の写真合評
   いつもの通り2L版を数枚
    (展示用の大型版を含む)
 

講演「80年目の12月8日に近隣諸国との友好を考える」

 投稿者:オイラー  投稿日:2021年12月 9日(木)10時55分57秒
返信・引用
  12月8日に「戦争をさせないかながわの会」および「神奈川平和運動センター」主催の「2021不戦の誓い集会」に出席してきました。その中で、弁護士の内田雅敏さんの講演が行われました。講演の題名は標記にあげたものです。そのなかで、印象に残った内容を報告したいと思います。
 始めに当時の小磯國昭陸軍大将の「戦争は始めてしまえば国民はついてくる」の発言を紹介され、1941年の真珠湾の「戦果」に酔った日本の民衆と、今年行われたオリバラとの類似性を指摘されました。開催前はコロナ禍で反対の声もあがったが、始めてしまえば多くの国民の賛同の元に終えてしまったと。そこで、「歴史とは現在と過去との間に於ける尽きることのない対話」(E.H.カー)の記述を紹介されました。
 現在、注目されている台湾「有事」の問題も与党有力政治家からは、武力に対しては武力によって対抗すべきという勇ましい意見が飛び交っているが、政策として語られていないことに講演者は強い危惧を示されました。1972年の日中共同声明における台湾の位置づけ、反覇権を謳った1974年の鄧小平国連総会演説「中国は覇権国家とならない。もし中国が覇権国家となったら、世界の人民は中国人民と共にその覇権国家を打倒するべきである」などを引きながら交渉に臨むことがことが先決であると。
 日中間に横たわる尖閣諸島問題については、日清戦争以来それぞれの主張があるが、領土ナショナリズムに陥穽に嵌ってはならないと話され、2008年の日中共同声明「戦略的互恵関係」のともにガス田の共同開発に関する日中合意は現在も生きており、それを発展させる形で尖閣諸島を「国際入会地」として共同管理・開発によるウインウインの関係を築くことを提案されました。
 歴史認識としての靖國神社問題については、別格官幣社として戦死者の魂独占(護国の英霊)の虚構を指摘されました。死者に対する想いで歴史に対する目を曇らせてはならない、死者に感謝し讃えた瞬間に死者の政治利用が始まり、死者を生み出した者の責任が曖昧にされると主張され、戦死者の追悼を一宗教法人に委ねることの疑問を話されました。逆説的ですが「聖戦史観」=「大東亜戦争史観」を掲げる靖國神社にはA級戦犯こそふさわしいの発言に、目から鱗の思いがしました。靖國神社ではA級戦犯に「尊」の称号をつけ神として祀られているそうです。すべての戦没者のための無宗教の国立追悼施設の設置こそ必要という考えはまったく当然でしょう。
 講演の終わりに「平和資源」としての日中間で取り交わされた共同声明等の基本文書の本質を理解することで、横を向いて握手していても日中間の決定的破局の歯止めになるはずだと締めくくられました。
 

レンタル掲示板
/25