teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


山中湖合宿を終えて

 投稿者:和木  投稿日:2018年 8月16日(木)09時16分33秒
返信・引用
  8月4日(土)朝の集合
 〇 集合時間の「7時」は、この後の時程を考ると早くもなく遅くもなく良かった。

 〇 集合場所の「京王橋本駅階段下」よりは「相原高校正門前」の方が車も止め
   やすく分かりやすかった様です。

 〇 相模原ICから圏央道経由で河口湖ICを目指したのですが、相模原ICに入った途端
   渋滞に巻き込まれ余計な時間と料金がかかった。来年は、一般道から相模湖ICに変更

1日目 午前練習(9時30分~10時40分)
 〇 練習メニューは富士北麓公園陸上競技場外周 1600mコース7周(11.2㎞)
   昨年参加の石塚、西村、松岡、浅野、Oさんの速いメンバーに、
   猿楽、彦坂、川口、長岡の強力メンバーが加わり、ハイペースな練習となりました。
   平岡、丹生谷、長岡、和木の4名は1200m、700mコースを利用しマイペースで
   ゆっくり楽しく走れました。富士北麓公園は標高1035mもあり、高地練習に
   最適な場所です。

 〇 富士北麓公園体育館は更衣室が利用でき、シャワーは120円入りますが
   とても便利です。また、長岡さんと猿楽さん共に体育館前の駐車場で
   合流できました。

 〇 練習は9時30分位から始まり速メンバーは50分位で終了します。この高地で
   この後の午後練習を考えれば距離的には少なく無いと思います。

1日目 昼食(11時30分~12時20分)
 〇 昨年は河口湖のほうとう不動東恋路店の「ほうとう」でした。量が多く美味しい
   のですが女性には多すぎました。今年は富士吉田「奥藤」もつ煮とそばが有名。
   お昼のサービスランチ(名物のもつ煮、そば、ご飯、漬物がついたセット)は
   そばが一人前の量でびっくり、値段も1080円とお得です。

1日目 午後練習(2時30分~6時30分)
 〇 山中湖1周(13㎞),2周(26km)コース

   石塚、西村、平岡、丹生谷、長岡夫妻の6名が参加。西村さんだけが2周コース
   このコースは中間地点にジョイパティオ山中湖店があり、この店の美味しい
   ジェラートを食べて、残り半分を気持ちよく走る事ができます。

 〇 篭坂峠→三国山→三国峠→パノラマ台→平野→民宿「萌季」 23kmコース

   川口、彦坂、松岡、猿楽、浅野、Oさん、和木の7名が参加。
   かなり脚力が無いと厳しいコースです。途中から川口、彦坂、猿楽、Oさんの
   4名に松岡、浅野、和木の3名が遅れていたのですが、三国山で待っていただき、
   集合写真も撮れました。4名が先に三国峠への急坂を降りて行ったのですが、
   私達の3名が三国峠に降りたときに4名がいないので変だとは思ったのですが、
   私達の3名は4名が先に降りたと思って平野に向かって走っていると
   後ろから来たのでびっくりしました。
   先の4名は三国山から三国峠の急坂を迷って途中の国道に出たそうです。

夕食と反省会(6時50分~12時)
 〇 宿泊は11名と昨年より2名減でしたが、少なく感じませんでした。その理由は反省会で
   書きます。夕食はビールを8本頼み、萌季さんからの焼酎を差し入れ頂いたお陰で
   楽しく美味しい食事会となりました。水道水ですが、富士山の雪解け水なので
   焼酎の水割りがうまい!!

 〇 映写会は橋本緑走友会発足後の数年間の駅伝(稲城グリーン、京王、津久井湖、相模湖、相模原)
   とラストラン江ノ島をパワーポイントで編集したスライドショー。そして午前練習で撮影した
   1回10枚の連写はスライドショーにすると動画ののように見えます。また、フォームの
   チェックにもなりました。

 〇 反省会は浅野さんや平岡さんの差し入れの黒霧島やワイン、スーパーで購入したビールや
   ハイボール。最高の盛り上がりは川口さんの関西弁ですね。たった一人関西弁が入ると
   雰囲気ががらりと変わりますね。昨年より人数が少なかったのですが、かなり盛り上がり
   12時で終了するのが残念な感じでした。

2日目の早朝練習(6時~7時)
   浅野、Oさん、猿楽、川口と彦坂 の5名です。6~8㎞をのんびりと山中湖畔を走っていました。
   彦坂さんは途中から一人、花の都公園の往復コースになりました。この時間、平野にテニス合宿
   している高校生達が1周13㎞を走っていました。山中湖畔は1日中走っている人がいます。

2日目 午前練習(9時30分~12時)
 〇 練習メニューは北口本宮冨士浅間神社への往復16㎞コースですが、今年は猛暑なので
   このコースは往路は少し下りで走りやすいのですが、復路になると少し上り坂になり
   また、日影が少なく自販機が途中全くありません。そして、前日の疲れが残っているので
   16㎞が長く感じます。浅間神社は日本三奇祭の火祭りに担がれる神輿が2基ありますが
   1基は富士山です。その前で写真を撮りました。

 〇 走り終えて達成感がありますが、汗びっしょりでシャワーに入りたいと誰もが思います。
   民宿「萌季」さんでは風呂を沸かして用意していただいています。外観もきれいですが
   中も清潔感があり、本当に寛げる民宿です。

2日目 昼食(12時30分~1時30分)
  近くのデニーズに12時30分に入ったのですが1時間近く待たされました。日曜日の
  行楽地なので仕方がないのですが、15分早く入れば待たずに済んだと思います。
  来年は着替えが早く終わった人に先に場所を確保の方法が良いかな?

まとめ
  〇 参加者13名(宿泊者11名)の人数でも楽しく中身の濃い練習もできました。
    10名以上であれば充実した合宿ができると思います。

  〇 男性11000円、女性10000円 の会費ですが、その中に交通費も含まれているので
    そんなに高くないと思います。

  〇 時程通りの進行ができました。参加者の皆さんの一人一人の心がけが素晴らしいと思います。

  〇 来年は8月3日(土),4日(日)萌季さんに予約を入れました。
    多くの方の参加をお待ちしています。
 
 

朝日連峰登山

 投稿者:平岡  投稿日:2018年 8月13日(月)16時56分23秒
返信・引用
   山形県の名峰、朝日連峰を登ってきました。今回も単独行です。
 新潟生まれの私にとって、隣の山形県にある朝日連峰は昔から
気になっていた山でした。世界遺産の白神山に勝るとも劣らない
広いブナ林に覆われ、公共交通機関も不便な広大で近寄りがたい
山域です。

 7月31日の猛暑の中、山形新幹線から左沢(あてらざわ)線に
乗り継ぎ、終点からは登山バスに1時間ゆられてようやく出発点と
なる朝日鉱泉につきました。
 登山バスでの同行者は私を含め4名で、その晩は同宿になりました。
 皆、超ベテラン登山者です。

 鱒のムニエルという山小屋にしては豪華な食事にもかかわらず
晩酌を我慢して、翌日は3時半に起き、4時20分に宿を出発しました。
 のどの渇きを心配し、ペットボトル5本持ちました。朝の涼しいうちに
高度を稼ごうと頑張り、主峰の大朝日岳(1870m)に9時10分につきました。
 標準タイム6時間のコースを実行動4時間+休憩50分で登り切りました。
 頂上は360度の視界で会津磐梯山や佐渡島もかすかに見えました。
 遮るものがないので電波状態も良く、ラインが通じました。家に登頂写真
を送れました。

 思った以上に早かったので、頂上で1時間以上ゆっくりしました。こんなに
のんびりした山行は初めてです。
 帰りは登頂ルートとは異なるコースを下山しました。その途中の小朝日岳山頂で、
昨日同宿した60才過ぎの女性登山者とすれ違いました。単独行です。
 顔をタオルで覆い、長袖を着て完璧な日焼け対策をしていますが、極めつきは
日傘を差していたことです。裏地に紫外線対策が施された高級日傘です。今日は
大朝日岳直下の避難小屋に泊まり自炊するそうです。寝袋も持っています。つまり、
私よりも重いザックを背負ってします。山の達人です。脱帽しました。

 暑い中を下山したので気合いが入らず、疲労も重なり、休憩時間を入れてほぼ
標準タイムと同じ時間が掛かりました。水場が豊富だったので水もがぶがぶ飲み、
朝から合計4リットル近く飲みました。
 朝日鉱泉に戻り連泊しました。昨日とは異なり多くの宿泊者がおり、私は大阪から
来た人と相部屋となりました。頂上で会った高齢おば(あ)さんもこの人も百名山を
目指しています。百名山ブームは山関連の人々に多大な恩恵をもたらしています。
へんぴな山にも登山者が沢山います。ちなみに私は目指していません。

 帰りの車中で飲んだ天童ワインはうまかった。
 私は国産ワインを美味しいと思ったことはあまりないのですが、このワインは
うまかった。今回の山旅の最大の収穫かもしれません。
 

Wi-Fi

 投稿者:和木  投稿日:2018年 7月29日(日)17時15分43秒
返信・引用
   今日から2泊3日の旅行に出かけています。いつも旅行に出かけると
ホームページの更新ができず皆様に迷惑が掛かります。今回はモバイルパソコンを
購入したので、持ち運びも簡単にできます。また、今のホテルはWi-Fiが普及しており
簡単にアクセスできるので、ホームページの更新も簡単にできました。
 1週間後は山中湖合宿があるので旅行後、走友会の過去の写真をパワーポイントで
スライドショーを作成します。完成度は高くないので期待しないでくださいね。
 

相模原北公園1100m周回コース

 投稿者:和木  投稿日:2018年 7月17日(火)07時03分8秒
返信・引用
   今週の3連休の練習は猛暑の中をロードに出るのは厳しいと判断し、
急遽、練習メニューを変更しました。
 14日(土)は北公園の中の1,25㎞コースを8周
このコースは1,1㎞コースと前半は同じですが上り坂が3倍近くあり、周回を重ねるごとに
足が重くなり特にラスト2周はかなりきつくなります。でも、このコースは200m位林の中を
走るので足には優しいです。しかし、女性にはかなり厳しいコースでした。

 15日(日)はミステリーコース。平岡さん推奨の相模川往復1.5km周回コースでした。
まず、相模川清流の里まで約3㎞ 少し日差しがありますが途中、日陰もあり最後の500mは
大島坂を下るので体力の消耗は少ないようです。そして相模川往復1.5km周回コース 4周6㎞
このコースは河原で木陰の中を走るため、本当に涼しく走りやすいコースです。平たんな
コースですがスタート地点に帰ってくるときに50m位坂があります。気温は26°か27°
位だと思います。北公園より2,3°近く低く感じます。

 16日(月)は北公園の1.1㎞コースを男性は10周 女性は9周
最初の1周は6分/㎞ペースで走り2周目は5分/km 3周目は4分40秒/km まで上がり
残りの6,7周がかなり苦しくなりました。1.25㎞コースを考えれば走りやすく
90%以上が日陰で登坂も3分の一に減り楽に走れます。今回はペース配分があまり
良くなかったと反省しています。1,2目を6分/㎞ 3,4週目を5分30秒/km
5,6周目を5分/km 残りをフリー そして ラスト1周はダウンにすれば 気持ちよく
走れスピード練習になります。このような周回練習は切磋琢磨できモチベーションが
キープできるので サブ3 サブ4を目指すランナーにはかなり効果的な練習です。
 

水曜練習

 投稿者:和木  投稿日:2018年 7月12日(木)08時11分19秒
返信・引用
  7月11日(水)
参加者2名(平岡,和木)
  練習メニュー 1.1km×3 のビルドアップ?
 平岡 6'02"(5'29"/km) 5'09"(4'40"/km) 4'54"(4'27"/km)
 和木 6'02"(5'29"/km) 5'09"(4'40"/km)
 気温は30度と熱い中の練習となりました。本数も少なくスピードもあまり早くない
のですが、この練習を続ける事が大切だと思っています。
 私は先週の6日(金)に公園の柵のロープに足を引っかけ思いっきり転倒し、左脛と
左肩を打ちました。左脛は擦り傷があり、左肩は激痛に近いものがありました。
やっとの思いで立ち上がり、すぐ帰宅。擦り傷を洗い打った箇所を1時間アイシング、
その措置は良かったと思っています。
 8日の高尾トレイル練習はウォーキングなので何とか付いて完走でき、旨いビールが
飲めました!!
 肩を打ち何が不便かと言うと、顔を洗う時、左手に力が入らず、ほぼ片手で洗う
ようです。車の運転も左手があまり使えないので片手運転のようでした。
 今は7日に柔道整復師の整骨院に診て頂いたお陰で、顔を洗うのは大丈夫です、
運転もほぼ良い状態ですが、バックで体をひねった時に痛みが少し残っています。
という状態なので昨日の練習は久しぶりに走る事ができ、改めて走る事ができる幸せを
感謝しています。

 

おすすめの「城山湖」

 投稿者:和木  投稿日:2018年 7月 6日(金)17時39分56秒
返信・引用
  「城山コミュニティ広場」をスタートすると、広場のすぐ横に「城山発電所」があり、そこからは上り坂となる。Uターンカーブの途中に分岐点があり左方面に行くと「加藤武雄文学碑」となる。そのまま登りきったところに「金毘羅神社」がある。冬の澄んだ時は「横浜のみなとみらい21」の「ランドマークタワー」が見える。そして50m位でゲートがある。そこはほとんど締まっており勝手口のような入口になっている。そこから下ると「城山湖堰堤(えんてい)」になり「城山湖(本沢調整池)」が一面に見える。堰堤からの眺望はラッキーなとき「新宿超高層ビル群」や「スカイツリー」まで肉眼で見える。堰堤から階段を上がると、ここからの1400m弱がかなり厳しいトレイルになる。250m進むと金毘羅神社から1km地点の「はなさき休憩所」に到着。400m離れた草戸山に向かうが、丁度100段の階段の洗礼を受ける。途中に「町田青壮年センター」に降りる分岐点もある。わずか400mだが普通のハイカーだと20分かかる。すると標高364mの草戸山山頂となるが「松見平休憩所」にもなっている。ここは3.8㎞離れた「京王高尾山口駅」50分の分岐点となっている。草戸山から700m離れた「ふれあい休憩所」に向かうが途中60段の階段が3回あり、最後の2つが続いている。この700mも普通のハイカーだと30分位。ここまで来れば後は平たんな下りになっている。途中「三沢峠」もしくは「峰の薬師」への分岐点、そして「野鳥観察休憩所」、「加藤武雄文学碑」そして元の道に合流し「城山コミュニティ広場」へと戻る。全長僅か4.7㎞のコースですが歩くだけでも練習になります。  

18年前半の走行距離

 投稿者:和木  投稿日:2018年 7月 2日(月)07時40分46秒
返信・引用
   1月 288㎞ 20㎞走以上 4回(内 30㎞走 1回)レース無
 2月 356㎞ 5回(2回) 神奈川マラソン 10㎞
 3月 313㎞ 6回(3回) 板橋シティマラソン フルマラソン
 4月 315㎞ 4回(0回) 東日本国際親善マラソン 10㎞
                武相マラソン ハーフマラソン
 5月 300㎞ 3回(1回) 山中湖ロードレース 13.6㎞
 6月 309㎞ 2回(0回) 西湖ロードレース 10㎞
 Total  1,881㎞
 

西湖マラソンを終えて

 投稿者:和木  投稿日:2018年 6月17日(日)16時44分33秒
返信・引用
   東日本国際親善マラソン・武相マラソン・山中湖マラソンの3レースに対して
スピードが落ちたという実感がありました。考えてみると原因は水曜練習のような
スピード練習を避けていたことでした。この2週間だけですが週に2回以上スピード
練習を取り入れると、少しスピード感が戻ってきました。今日の西湖マラソンは2年前と
比べると50秒程遅くなったのですが、後半スピードもあまり落ちずラストも
我慢できました。タイムは前半5km 22分52秒 後半5km 23分10秒
トータル10km 46分02秒 と自分にとって好タイムだと思っています。
 西湖は標高900m 山中湖は980m 僅か80mの差でしたが 今回の
西湖マラソンは割と楽に呼吸ができました。
 これからの目標は吉田火祭りマラソン10kmで何とか50分を切りたいと
思っています。それには周1回以上のスピード練習かな。
 

辞職峠を越えて

 投稿者:平岡  投稿日:2018年 5月29日(火)16時15分25秒
返信・引用
   皆さんは辞職峠というものをご存じだろうか。
 明治時代になって、警察官や教員など公務員が辞令一本で
任地に赴くようになった。任地が山間僻地の場合、歩いて峠
を超えていく必要がある。長く険しい山道に嫌気がさし、
峠で辞職願を書いて引き返したくなるので、このような名前が
ついたようである。

 全国にいくつかある辞職峠の中で、一番有名で厳しいのが
長野県飯田市とその東方にある南アルプス麓の遠山郷を結ぶ
小川路峠(1642m)である。
 飯田市は南アルプスと中央アルプスに挟まれた天竜川の
流れる伊那谷の山間部であるが、遠山郷はさらにそこから
一山越えた谷沿いの盆地にあり、長野県の東南端に位置する。
 昔は長野県下伊那郡南信濃村および上村であったが、平成の
大合併で飯田市に飲み込まれた。
 日本三大秘境の一つであり、ジビエ肉が名物である。

 この峠道は、かつては信州と遠州(浜松)を結ぶ信仰の道
であり、秋葉街道としてかなりの賑わいがあったが、鉄道
(飯田線)や自動車道の開通によって、昭和以降に急速に廃れた。
 今も国道256線として管理はされているが、途中までしか舗装
されておらず、半分以上は高尾山~陣馬山よりも険しい山道である。
 それでも、googleやyahooの地図では距離計算をしてくれる
立派な国道扱いである。

 前回の秩父~下仁田に続き、今回は飯田駅(前泊)~小川路峠~
遠山郷(宿泊)~天龍村平岡~温田駅(飯田線)と歩いてきた。
 1日目は40km(実動9時間)、2日目は20km(同4時間)の
行程であった。
 飯田市街地ではgoogleの地図探索を使い最短ルートを行く
のであるが、幅1m位の田んぼのあぜ道のようなところも近道
として案内するので時々見失ってしまい、結局は遠回りでも
大きな道を歩いた場合とそう違わないと思った。
 山に入り、ぐんぐん高度を上げて小川路峠に近づき疲れも
出てきたころに、突然と飯田の町が一望できる尾根道に出た。
この風景を見た瞬間に、辞職願を書きたくなる人の気持ちが
理解できた。
 山道にはツツジのような大きな桃色の花びらがたくさん
散っており、疲れた体を癒やしてくれた。江戸時代の人も
この花を見て癒やされたのだろうと思うと、時空を超えた
親近感がわいた。
 山に入って6時間、人と会わなかった。熊さんにも会わ
なくて良かった。

 遠山郷で泊まった宿は、33年前に山から下りてきたときに
泊まった宿である。当時と変わらず、今は80才過ぎになった
老夫婦が二人で切り盛りしていた。感謝の意味を込めて、
たくさん酒を注文した。
 遠山郷は道路事情が格段に良くなっていた。飯田と浜松を
結ぶ高速道路が計画・建設されており、その沿線にあるためである。
 町自体に活気があるようにも見えたが、秘境時代を知って
いる私のような旅行者にとってはつまらない町になってきた。
 戦前には6000人もの人が住んでおり(今は2000人)、周りから
隔絶されても地域だけで完結して生活できたそうである。
日常生活には困らず、なんとキャバレーも古地図に記載されていた。

 2日目は遠山郷から10km歩いて飯田線の平岡駅に出た。途中、
新しいトンネルや橋が多数架かっており、道幅も広く宮ヶ瀬ダム
周辺のような風景であった。
 平岡駅からは電車に乗らず(2時間に1本)、2つ先の温田駅まで
11kmを歩いた。
 飯田線は秘境駅の宝庫であり、鉄道好きにはたまらない路線である。
途中で偶然、平岡ダムの湖面上の鉄橋を走る電車が撮影できた。
鉄ちゃん垂涎の貴重な映像である。
(ここの地名は天龍村平岡なので、平岡と名のつく施設がたくさんある)
 温田駅から電車に乗り、帰途についた。この駅からは阿南高校の
生徒がたくさん乗ってきて満席となり、ローカル線感は吹っ飛んだ。
しばらくして、私より多少年配の旅行者らしき老人が乗ってきて、
大声で高校生と口論を始めた。高校生も「電車から降りろ!」と激高
していた。私はシートボックスで一人、その人とは関係ありませんよ
という顔をして酒を飲んでいた。

 夏は山に行く。次回の歩き旅は涼しくなる10月頃かな。

 

山中湖マラソンを終えて

 投稿者:和木  投稿日:2018年 5月28日(月)17時34分5秒
返信・引用 編集済
   山中湖マラソンは昨年に比べ5分以上遅くなりました。天候が厚かったので
 3分の遅れだと納得できたのですが、なぜ、ここまで遅れたのか下記のようにまとめました。

〇 ハーフパンツで走ったのですがランパン・ランシャツで走れば
  ストライドが伸びたと思われる。

〇 水曜練習会を軽視したため最初の1kmの4分30秒のペースが苦しかった。
  また、スタート地点が前過ぎてオーバーペース気味であった。
  今回、初めて高地を意識せざるを得ないくらい呼吸が苦しかった。

〇 5kmを過ぎて5分ペースをキープできなくなり抜かれっぱなしで
  モチベーションがキープできなかった。いつもは平野の坂を下ってからは
  抜かれることは無かったのですが、今回は最後まで抜かれっぱなしでした。

〇 1か月前から歯の調子が悪くお腹が出てきて、体が絞れてなかった。
  2日前の金曜日、テスト採点が丸一日となり少し風邪気味であった。

〇 一番の原因は筋力の低下だと思います。
 

レンタル掲示板
/25