teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:22/108 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ごんちゃめ様へ

 投稿者:店主メール  投稿日:2004年 1月 7日(水)08時58分43秒
  通報 返信・引用
  解り難い画像でしたが、お役に立ててよかったです。
布団乾燥機は羽毛布団の場合使ってはいけません、羽毛は生物の体温保護の為の性能を
持ったいわゆる生き物でして、気温変化や湿度変化に常々対応してます。
たとへば気温が低い冬時期と暑い夏では羽毛布団の嵩は全く違います。それは気温に
よって羽毛一枚一枚が開いたり萎んだりする為です、また常々有る程度の湿度を保持し、
それ以上の湿度が増えた場合には放出する作用を致します。 という事で強烈な乾燥
(直射日光干しなども)は製品の破損につながります。
それからクリーニング(水洗い)の場合には、必ず羽毛布団専門店のクリーニングを
お勧めいたします。一般的なクリーニング店では上記のように乾燥時点で中の羽毛が
破損いたしますので 専門店で羽毛専門の乾燥方法にて仕上げなければなりません。

普通羽毛布団をお使い戴いてる場合のクリーニングの間隔は、使用頻度にもよりますが
布団カバーを取り替える事により殆ど必要が無い事ですので、5年または10年に一度
クリーニングかリフォーム(生地替え)をされれば結構だと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:22/108 《前のページ | 次のページ》
/108