teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ツェップ挫折

 投稿者:もんきんたん  投稿日:2017年 6月13日(火)22時28分6秒
返信・引用
  FTUさん、お久しぶりです。どうもありがとうございます。

実戦経験がほとんどない悲しさで、アンテナで立ち往生しております。
初心者製作講習会にも使われたツェップ(もどき)を実験しておりましたが、先日の日曜日に完全挫折。
なんとも情けない次第です。
 
 

RT-77/GRC-9

 投稿者:JA3FTU  投稿日:2017年 6月13日(火)10時01分21秒
返信・引用
  この機材のDoublet Antennaのインピダンスは50-75ΩとTM11-263('56)の30ページに明記さ
れています。
一般的な不平衡同軸ケーブルの付いた終端型電力計(50Ω)を使用の場合は、お勧めできません
がANT.とDOUBLETに接続して、電力計等をアースから浮かした(CQ誌1冊で十分)状態で測定が
可能で、問題なく規定値が出て50-75Ωで有る事が確認できます。
勿論、裸電球を接続しても同様に確認できますが、負荷の状態が悪くても同調指示は光ります
ので注意が必要です。


単に一般的な50Ωで同軸ケーブル等での使用は非常に簡単です。
WHIP(1-4)にて、ANT.→C≒100PF→同軸の心線へ。   同軸のアース側は本体のアースへ。
このC(等価的な容量性虚数分)は100PFに限った事は無く、周波数にもよりますが50-500PF
程度で、100PFより容量はある程度大きい方が有利です。
またREEL(5-8)でもお試しください。
WHIPの点は非常にRFの高電圧が出ていますので、火傷等の注意が必要です。

先ずは、お試しください。


 

失礼しました

 投稿者:もんきんたん  投稿日:2017年 6月 4日(日)11時14分11秒
返信・引用 編集済
  掲示板に書き込みがあった場合、メールで案内があるつもりでおりまして、まったく見ておりませんでした。
応答が遅れまして、もうしわけありません。
今日、たまたま書き込み通知メールが何故か解除されていることに気がついた次第です。

ご指摘のとおりでして、ロングワイヤーならどうやって50ΩのSWR計を使うんだろうと、疑問でした。
変だと思いつつもダブレットのレンジがあるので、そのレンジでは75Ω近辺じゃなかろうか、と希望的観測でやっておりました。やっぱりだめですか。
とすると、現在製作中のツェップANTの給電点で50Ωにしようと四苦八苦しているのも、無駄なわけですね。(^^;)
 

GRC-9の出力インピ-ダンス

 投稿者:JA5AOQ  投稿日:2017年 3月17日(金)13時05分9秒
返信・引用
  記事を読ませていただく過程で少々気になることがありました。SWR計を使用されているようですが直接アンテナ端子に接続されているのでしょうか?この機械は電圧饋電型のアンテナを使用するように設計されているため一般的な50オ-ムではありません。これはアンテナ同調指示にネオン管が使われておりますようにアンテナ端子の電圧が最大になるように同調を取ります。従いまして電力測定に50オ-ム系のものを使用すると正しい電力を指示しません。
今、思いついてメ-ルを書いておりますが自宅を探せば何かの資料が出てくると思いますので改めてお知らせいたします。
tadokoro-hayama@rock.odn.ne.jp
 

AM65のJ3は回路図によると

 投稿者:佐藤  投稿日:2015年 3月 8日(日)08時46分32秒
返信・引用
  AM65のJ3(POWER)は回路図によると画像のとおりの接続となります。
この組み合わせで送受信できるようです。
AM65(J-3(POWER OUT) REMOTE PW CONT E)→RT70(203(POWER IN)  REMOTE PW CONT E)→RT70(202(AUDIO)  REMOTE PW CONT J)
→RT70(ハンドセット)A,B,C,D,E,F,Hのみ使用Jは未接続
となっていると思います。
 

・・となると

 投稿者:もんきんたん  投稿日:2015年 3月 1日(日)15時07分31秒
返信・引用
  AM-65の J-3 がRT-70の J-203 とつながっているという前提が怪しくなりますね。
AM-65の J-3 はどこへつながるのだろう。
そして J-3 の「E]はどこへ行くのだろう。
 

画像がJ202のコネクター

 投稿者:佐藤  投稿日:2015年 2月26日(木)20時27分43秒
返信・引用
  画像がJ202のコネクターで取付る機器はハンドセット,スピーカー,マイクのいずれかです。
「AUDIO」は日本語表記では音声とあります。
ハンドセットの回路図を見る限りJは空いているとようです。
このRT70は無音です。
 

なんか足りない

 投稿者:もんきんたん  投稿日:2015年 2月25日(水)21時39分57秒
返信・引用
  J-202の(J)はどこへつながるのでしょうか。
(J)がアースされない限り、どう考えても高圧の定電圧回路が働かず、RT-70には140V近くの電圧が掛かってしまいます。
140Vでは電池管の絶対最大定格を超えてしまっていますので、正常動作するわけがありません。
何か不足しているとしても、なせわざわざそんな危険な高電圧が掛かる可能性のある回路になっているのか、全く見当がつきません。
電源の疑問が解決しないのでは、RT-70をいじってもしょうがありません。
 

ハンドセットまたは

 投稿者:佐藤  投稿日:2015年 2月12日(木)22時29分22秒
返信・引用
  ハンドセット,マイク,スピーカーを接続します。
RT70単体の場合はハンドセットでしょうか。
「AUDIO」とはそう言う意味かもしれません。
 

J202

 投稿者:もんきんたん  投稿日:2015年 2月12日(木)22時13分23秒
返信・引用
  RT-70のJ-202に接続したケーブルの行き先はどこでしょうか。
配線図には「AUDIO」と書いてあるのですが。
 

レンタル掲示板
/46