teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


名手からの延長コース

 投稿者:和木  投稿日:2018年 5月13日(日)15時19分57秒
返信・引用
   昨日は練習が出来なかったため、今日の津久井湖・名手コースを延長して
走りました。北公園をスタートして10km地点が名手橋です。三ケ木が
13km地点、青山が14km地点です。そのまま直進し関の交差点に向かい
北公園までは25kmコースとなります。今日は距離を伸ばすため青山の
交差点を右折して道志方面に向かいました。かなりアップダウンがありますが、
牧馬入口(三叉路)は17.4km地点となります。牧馬入口から1km近くは
ずっと登坂です。そこから北公園までは下りが多くなり楽に走れます。
鳥屋郵便局が19.8km地点 そこを左折し宮ケ瀬コースの復路に入ります。
関の交差点が23.4km地点 長竹三叉路が24.2km地点 東金原 26.3km地点
「ら・ふらんす」が30km地点 北公園までが32kmとなります。
30km手前の29km位からかなり失速状態になりましたが3時間40分位で
走り切れました。  
 
 

掛川新茶マラソン

 投稿者:和木  投稿日:2018年 4月28日(土)21時32分45秒
返信・引用
  2週間前の掛川新茶マラソンですが、このコースは2度参加したことが
あります。スタートしてからすぐに下り坂になり、その後アップダウンを
繰り返し、最後に上り坂になる厳しいコースです。川口さんはこのコース、
初マラソンで3時間21分は素晴らしいと思います。坂の少ないコースで
あれば3時間10分前後でゴールできたと思います。
 橋本緑走友会はサブ3経験者が7名います。それぞれに練習方法が違いますが
理論的に詳しいのは相原さんと恩田さんかな。サブ3を目指す方は練習会や飲み会に
参加してアドバイスをもらってください。 
 

初フルマラソン

 投稿者:川口  投稿日:2018年 4月15日(日)15時11分48秒
返信・引用
  初投稿です。
本日掛川新茶マラソンを走ってきました。
藤枝に前泊していたのですが、朝から暴風雨で電車が大幅に遅れ心配していましたが、スタート時には雨が止んでたのがせめてもの救いでした。
さて、今回は初フルということで、3時間30分、完走(歩かない)を目標にしました。走友会の方々からアドバイスを受け、4:40/kmくらいでいけるとこまでおすつもりだったのですが、いざレースに出ると設定よりかなり早いペースでおしてしまいました。
結果は以下の通りです。
10km 0:42:41
20km 1:25:16
30km 2:09:53
40km 3:01:49
FIN 3:21:04 (158/4379)
目標タイムはクリアしましたが、最後の3kmは歩いて30分近くかかってしまいました(T_T)足がつるというか痙攣して、歩くのもままならず、痙攣した部位を叩いたり押したりしながらなんとかゴールまでたどり着きました。
初フルを走って、やはりハーフと違い長距離の走り込みが必要だと痛感しました。練習して最後まで走り切れる身体を身につけ、次回は3時間10分切りを狙いたいと思います。走友会の皆様、これからもよろしくお願い致します!
 

靴ひもの締め方

 投稿者:和木  投稿日:2018年 4月 5日(木)18時07分48秒
返信・引用
   今日、南大沢のアウトレットのアシックスに行き靴を2足購入しました。
その時に教えていただいた締め方は
 紐を全て緩めます。靴を履き靴の最後尾(踵)を土の方にトントンと叩きます。
 そして最初の一の型の紐はそのまま
 次の×型の紐は緩めたまま(ここがポイント)
 次の×型の紐は少し力を入れ絞る
 次の×型の紐はかなり力を入れ絞る その次×型の紐も同様
 最後の結ぶ個所では紐を真後ろの靴底の方向に力を入れ絞りそして結べば終了。
そうすると前方の指は楽に真ん中は絞れた状態になり走りやすくなります。
 靴には 6分/kmペース用 4分半から5分/kmペース用 3分代/kmペース用が
あり、練習内容によって靴を選択する必要があるそうです。また、ターサーは
本来400km位までのようです。だからレースで使用する場合はその範囲内で使用
しないとダメなようです。最後に6分/km用の靴は底がしかっりしており
値段も他のペースの靴と同様です。この底のしっかりした靴に履き替え
ゆっくり走ったり歩いたりすると、疲れがとれるそうです。
だから、今日は6分用のしっかりした靴と ターサーを購入し、2足で1万5000円でした。
 

板橋シティマラソンを終えて

 投稿者:和木  投稿日:2018年 3月27日(火)17時33分8秒
返信・引用
   板橋シティマラソン サブ4を目標に練習に励んできたのですが・・・。
30km地点では大丈夫と思っていたのですが、目標がだんだんと下がっていきます。
最初はグロスでサブ4 次にネットでサブ4(4時間5分30秒) 40km地点では
昨年のタイム(4時間8分) まではいけると思ったのですが 足がつり
5分代/kmペース(4時間13分) まで超えて、後はワースト記録。これは
何とか阻止しました。
 レース後の反省会。ここにこれからの練習方法のヒントがありました。
月に1,2回30km走を何本か入れていたのですが、少し甘かったと思います。
35kmを超えないとだめですね。もう1つ、大会前のレースの充実。ハーフでは
駄目ですね。30kmを超えるレース 具体的には 青梅マラソン30km
に参加するとかなり違ってくると思います。
 土日の練習会で土曜日だと尾根緑道だけでなく町田のヨドバシカメラ36km
日曜日だと名手から三ケ木に回り宮ケ瀬コースに行けば35kmを超えます。
月に1回だけでもトライしたいと 今は思っています。


 

歩き旅

 投稿者:平岡  投稿日:2018年 3月19日(月)16時45分38秒
返信・引用
   埼玉県の秩父市から群馬県の下仁田町まで、1泊2日(3月15日、16日)で歩いてきた。
 初日は酷道で有名な国道299号線を歩く。朝8時10分に西武秩父駅を元気よく出発したが、
10分ほど歩いたらあるはずのない高架線路が現れて、スマホの地図で確認したところ全く
逆方向に進んでいることが分かった。気を取り直して1時間ほど歩いたが、どうも方向が
おかしいので、またスマホ地図で確認したところ、今度は曲がるべき交差点を遙かに通り
過ぎていた。
 今朝から間違った距離は合計4km、時間にして45分のロスだ。今日の路程は全長44kmで、
宿には午後5時についてゆっくり風呂に入るつもりでいたので、このロスは結構痛い。
遅れを取り戻すため、休憩時間を削ることにした。一人旅なので自在に行動できる。
 小鹿野町は赤平川沿いに民家が点在し、ほとんど途切れることなく群馬県との県境の
志賀坂峠直下まで続いている。ただし半分は空き家のようだ。
 群馬県に入ると、山は北側斜面になるため急に寒くなり、埼玉県側では全然なかった
残雪があちこちに見られた。カモシカが斜面を跳ぶように走っていった。熊でなくて
良かった。
 神流町を通って上野村に入り宿についたのが午後5時半、本日の行動は9時間におよんだ。
時速5.3kmで歩いた一方で、コンビニおにぎりの昼食も含めて休憩時間は合計20分に抑えたので、
さすがに疲れた。宿の「ヴィラせせらぎ」は、食事も美味しく部屋もツインで広くゆったり休めた。
ただ、私の旅としては2泊分くらいのお値段だった。

 二日目は8時に出発。足に疲労感はあるものの、痛くはない。299号線を神流川の上流に
向かって歩く。川の崖っぷちに張り付いたような家が連なっている。どうやって建てたのか、
不思議である。途中で日航機事故の慰霊碑に立ち寄る。犠牲者520名の名前が刻んであり、
大島(坂本)九さんの名前も見られた。
 299号線と別れ県道45号線に入る。隣村との境は峠となっており、3.2kmのトンネルで
向こう側に出られる。トンネル内は排気ガスが臭いと思い、旧道の峠道を通ることにした。
ところがこれが間違いで、行けども行けども峠に着かない。目の前の山波の上の方に白い
ガードレールが延々と見える。5km1時間ほど歩いたところで不安になったので、元来た道を
引き返す。往復10km2時間のロス。小雨となり、寒くなってきたので防風ヤッケを着る。
 トンネルを35分掛かって抜け出ると、そこは南牧村になる。日本で高齢化率が一番高い村
である。県道沿いの中心街でも半分以上が空き家である。県道が廃屋街道になっている。
気分が滅入るせいか、疲労が出てきた。故障している左足の張りが酷くなり、立ち止まって
ストレッチすることが増えてくる。
 飲まず食わずで、40kmを7時間50分掛かって午後4時10分、下仁田駅に着く。この日も
休憩時間は計20分。駅前食堂で遅い昼食を取る。住宅地の中を猛スピードで揺れながら走る
上信電鉄に乗って帰途につく。久しぶりに暴走族のような京浜急行を思い出した。

 泊まりがけの歩く旅は30年ぶりだった。そのときは、浜松市の北にある水窪町から諏訪湖
までの150kmを2日で歩いた。南アルプス沿いの酷道(国道)152号線を通ったのであるが、
峠を越すたびに20km続く登りや下りがあり、今回とは比べようがないほど厳しい道のりだった。
にもかかわらず、時速7.5kmで歩けた。走れるところでは走った。若かったからできたことである。
さすがに最後の杖突峠の長い下りは苦しかった、筋肉が痛かった。上諏訪駅の温泉が有り難かった。
 次回は2泊3日の旅を考えている。私の場合、どうしてもランニングの練習という意識があるため、
のんびり旅と言うより訓練のような歩き方となってしまう。
 今回の反省を踏まえ、1日の行程を35kmくらいに抑えようと思っている。
 

水曜練習会

 投稿者:和木  投稿日:2018年 3月15日(木)16時08分44秒
返信・引用
   昨日の水曜練習は平岡さんが 今日から 1泊2日で
秩父-富岡製糸場 85kmのウオーキングに出かけるため
朝が早いので不参加となりました。
 練習は3周までジョギングでアップ 4,5周目でスピードアップし
4'46",35"(4'20",10"/km)と先週より速く走れました。
 今日同じコースで1周だけのタイムが 4'22"(3'58")と
始めて3分台で走れました。
 

津久井湖観光センター

 投稿者:和木  投稿日:2018年 3月12日(月)14時34分38秒
返信・引用
   津久井湖・名手練習会のトイレ休憩による津久井湖観光センターがあります。
昨日は練習会の後、小学1年生の孫を連れて城山山頂にハイキングに行きました。
山頂までは決してきつくはない「くさり場」が2か所、飯綱神社(飯綱曲輪)、
5年前に落雷により焼失した後、シンボルとして親しまれている樹齢900年の大杉、
枯れることがない宝ヶ池があり、375mの山頂には本城曲輪と筑井古城記碑が
あります。30分位で着くと思っていたのですが、約1時間近くかかり、いい汗を
搔きました。バドミントンをしてから下山し、津久井湖観光センターにより
物産等を見て驚きました。野菜やアカシヤの蜂蜜がほぼ半額で売られていました。
時間がありましたら、是非お寄り下さい。津久井湖観光センターも「道の駅」に
変われば客数も1桁違ってくるように思い、津久井に住んでいる住民としては
残念に思います。
 

水曜練習

 投稿者:和木  投稿日:2018年 3月 8日(木)20時07分44秒
返信・引用
  3月7日
  参加者3名(西村、平岡、和木)
  西村 4'10",15"(3'47",51"/km)
  平岡 4'58",59"(4'30",31"/km)
  和木 4'51",48"(4'24",21"/km)

 今回は板橋シティマラソンが近いので4周目と5周目の2周のスピード練習を入れました。
流石、西村さんはスピードがあり、あっという間に引き離されましたが、数名で走ると
一人で走るよりははるかに気持ちがキープできます。
 昨日、板橋シティマラソンのゼッケンが送られてきました。 Jブロックと
かなり後ろからのスタートとなりモチベーションがやや下がっています。
 

練習会

 投稿者:和木  投稿日:2018年 2月28日(水)22時15分28秒
返信・引用
   今日の練習会は平岡さんと石塚さんと和木の3名。
4周までは6分から5分ペースと徐々にペースを上げ、5周目のみスピード練習。
石塚さんはまだ調子が戻らず平岡さんと同タイムで4’58”(4'30"/km)、
私は4’28”(4'04"/km)でまずまずのタイムでした。前回と同様に
僅か1周だけでも心肺機能にとっては良い刺激の練習でした。
 2月は今日28日で終わりですが、今月は23kmの練習が3回、30kmの練習が
2回と頑張り月間走行距離は過去20年間で2番目に長い356kmになりました。
3月の板橋シティマラソンに向けての練習量としては、かなり良い状況ですが
何時もこの後の練習で失敗しています。レースまで、平岡さんの忠告通りに
距離を落としてスピードはキープする練習に切り替えサブ4を目指します。
 
 

レンタル掲示板
/24