teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


さらなる活躍を

 投稿者:びっくりマンのざき  投稿日:2018年 2月22日(木)20時28分17秒
返信・引用
  和木さんの活躍にびっくり。年をとってもすばらしい成績。もと同僚がこんなに元気に活躍する姿に驚きとうらやましー。本当にすばらしいページです。  
 

練習会

 投稿者:和木  投稿日:2018年 2月22日(木)07時56分51秒
返信・引用
  水曜練習
 夜の7時から北公園の1.1kmコースを走ります。
12月から2月の冬季期間はジョギングが中心となり
最初は6分36秒(6分/km)ペースで入り、5周目位で
5分30秒(5分/km)になりそのまま9周(約10km)
の内容です。
 3月から11月は5周目か6周目からスピード練習となり
1周から3周の距離をスピード練習となります。
 昨日は1周だけ西村さんとスピード練習となり
西村さんは4分10秒(3分47秒/km)私は4分56秒
(4分29秒/km)と かなり差をつけられましたが
走り終えると清々しい気持ちになります。たった1周でしたが
練習効果は倍増します。

尾根緑道練習
 最近は尾根緑道の手前の坂を登り切った後、緑道入口から
トイレまでの3kmがスピード練習となっています。でも
疲れが残っていたり、のんびり走り人はマイペースで走っています。
フルマラソンを目指す人はそこからもう3km走り23kmコースに
向かいます。もっと走りたい人は町田のヨドバシカメラの36km
コースがあります。

津久井湖練習
 スピード練習のポイントは湖畔道路に入った所からトンネル手前の坂
1650mです。苦しいのですが確実に力が付きます。トンネルを
過ぎた処がカメラポイントになり集合写真を撮っています。




 

故障から1年

 投稿者:平岡  投稿日:2018年 2月14日(水)23時01分44秒
返信・引用
   まさに昨年の2月15日(水)に、和木さん、野村さんと一緒に夜の
スピード練習をしていた時、最後の流しをしようとしたとたんに左足
太ももに激痛と電流が流れたような衝撃を受け、全く走れなくなりました。
 その日以来、痛みとしびれに悩まされ続けています。ずいぶんと長引いて
います。長年のランニングによる疲労と歪みが一気に吹き出したものと考え、
回復するために色々考えて実行してきました。

 回復に最も効果があったのは、靴を替えたことです。2回も替えました。
1回目は5月に幅の広い靴に替えました。多少効果はありましたが、まだ不十分
でした。2回目は9月に0.5cm長い靴に替えました。それ以降、電流が流れる
ような痛みはなくなりました。
 靴が小さ過ぎたことが原因の1つと思われます。靴が合わないとは、ベテラン
ランナーとして初歩的なミスでした。
 靴の次に効果のあったものは、鍼とマッサージだと思います。鍼は初めてでしたが、
ピンポイントで患部を刺激するので徐々に効いてきたように思います。

 しかし、靴と鍼・マッサージだけでは完全な回復に至りませんでした。
 本質的な原因は、私の走り方に問題がありました。それを指摘してくれたのは、
故障してから通っているアイラボ整骨院の鍼灸師の鈴木さんです。
 走る姿勢が後傾になり過ぎていて、それが強度のかかと着地につながり、
足の痛みの原因になっているとの見立てです。緑走友会ホームページの練習会の
写真を見ると、確かに他の人よりも後傾になっています。 指摘されてから以降は、
後傾気味の姿勢を意識して前傾に修正しています。

 しかし足の痛みは、前傾にしただけでは完治しませんでした。
 そんな中で気のついたことは、左足の動きが右足に比べ滑らかでなく、可動域が
狭いように感じられたことです。
 走りながら左右の足の運びを比較し、左足の動きが右足に近づくように考えたとき、
以下の具体的な足の運び方や腕の振り方などを見いだしました。
  ①かかと着地を避けるためつま先着地を意識する
  ②内股になるくらいの意識で太もも内側を使う
  ③地面を蹴った後で足首を伸ばして着地の衝撃を逃がす
  ④着地の衝撃を避けるため今まで以上にピッチ走法を心がける
  ⑤左足の動きを円滑にするため左腕の振りを強調する
などです。これらの諸動作を総合することで左足の動きが円滑になってきました。
今も走りながら、これらのことが実行されているか1つずつ自己点検しています。

 故障発症から1年経った今は、登り坂や段差があると左足の動きが多少悪くなる、
長い距離の終盤で左足に疲労感としびれが出てくる、といった症状はまだ残っていますが、
全体的には故障していない右足を100とすると左足は80~90の回復です。
 ランナーには故障はつきものです。皆さんの参考になれば幸甚です。

 

校内マラソン2

 投稿者:和木  投稿日:2018年 2月 9日(金)13時38分4秒
返信・引用
   1週間前は相模原総合高校の校内マラソンに女子の部に参加しました。
先週の金曜日に予定されていたのですが降雪のため今日に延期になった
座間高校の校内マラソンに参加しました。先週は順位を狙ったのですが
今日は全種目に参加を目標に走りました。女子は3.8km 男子は5.6km
9時50分から30分ずらして1年女子、1年男子、2年女子、2年男子 の順に
スタートします。全種目スタート地点で写真を撮りその後レースに加わりました。
文武両道の高校なのでレベルがかなり高いため、女子は1/3の場所で
男子は最後の1/4位で走りますが、それでも4分40秒/kmの速さでした。
途中から応援している生徒にハイタッチをしてもらい楽しく18km走れました。
 

冬場の水曜練習

 投稿者:和木  投稿日:2018年 2月 8日(木)06時18分49秒
返信・引用
  昨日の水曜練習は平岡さん、相原さんと和木の3名でした。
平岡さんと私が10分前にスタートしたため予定の時刻に
参加した相原さんとはすれ違いになり相原さんとは2周のみ一緒に走りました。
ペースは前半の5周が6分/km、後半が5分30秒/kmでした。
 冬場は体が冷えており温まるまで時間がかかります。スピード練習と
謳っていますがジョギングで良いと思います。また後半の1~3周ぐらい
ペースを上げる程度の練習にしたいと思いました。なので、時間がありましたら
気楽にご参加ください。
 

月間走行距離と校内マラソン大会

 投稿者:和木  投稿日:2018年 2月 1日(木)18時08分49秒
返信・引用
  1月9日から風邪をひき1週間近く走れませんでしたが、目標の250kmを超え288km走る事ができました。20kmを超える練習は4回そのうち1回のみ30kmを越えました。積雪もある中それなりに走れた事に満足しています。
 先ほどホームページに相模原総合高校のマラソン大会の写真を掲載しました。仕事の関係で毎年参加させてもらっていますが、今年初めて女子の部で参加しました。昨年同高校で男子の部で走ったのですが力の衰えを痛感し、なりふり構わず女子の部に参加しました。女子の部は1,2年合同なので300名近くが走ります。スタートのピストル音とともに最初から飛ばし4.45kmを19分10秒(4分16秒/km)、67歳の老人としては悪くはないタイムだと思っています。ただ後半競り負け2人の女子生徒に抜かれ13位でした。四半世紀前の同高校のマラソン大会の男子の部で2位になったことも懐かしく感じながら走りました。また、その頃の生徒がPTAの役員さんになり黄色い声援をいただく事は嬉しくもあり時の流れを感じています。
 

LSD

 投稿者:和木  投稿日:2018年 1月29日(月)15時24分40秒
返信・引用
   1月2日の尾根緑道練習会は恩田さん、相原さん、
浅野さんと私の4人でした。その時、私は膝を少し
痛めており、きつい練習になると思ったのですが、
LSDで往復23kmのコースは膝に負担なく走り切れました。
 LSDは90分から180分、7~8分/kmのゆっくりとした
ペースで走るランニングです。普段6分/kmペースの
私でさえで少し不快を感じながら走ります。不快を感じなく
気持ち良いペースではLSDになっていないようです。
 LSDの効果は
 1、基礎的なマラソンの脚を作る
 2、遅筋を鍛えることが出来る
 3、有酸素運動能力を高める
 4、脂肪燃焼
 5、疲労回復
 6、長い距離・時間を走る自信がつく
距離を意識するのでは無く時間を意識してゆっくり走れば
効果は上がります。最初は60分からでもOKのようです。
 

年間走行距離

 投稿者:和木  投稿日:2017年12月31日(日)21時41分6秒
返信・引用
   今月の走行距離は今日、河口湖1周して295kmになりました。
年間走行距離は3457km。今年の目標は月間300km 年間 3600km
でしたが、体力的に衰えを感じました。
 来年の目標は月間250km 年間3000km レースでは 10km 48分
ハーフ 1時間45分 フルマラソン 4時間20分
でもサブ4を目指したい。  
 

40年目も無事に走り納め

 投稿者:平岡  投稿日:2017年12月31日(日)21時33分55秒
返信・引用
  2017年12月31日も緑走友会の仲間と走り、走行記録をつけ始めてからちょうど丸40年目が無事に終了しました。
40年間の集計記録を以下にまとめます。

総走行距離 93,511km(地球2周+13511km)
総走行日数 9,243日 (28歳4ヶ月~68歳4ヶ月の40年間)
1日あたり平均走行距離 10.12km

年間平均走行距離 2338km
年間最大走行距離 2964km 48歳時 (最小距離1380km 56歳 単身赴任時)
月間最大走行距離  340km 44歳時 (最小距離    0km 40歳 肝炎で入院)

年間平均走行日数 231日
年間最大走行日数 322日 48歳時 (最小日数133日 66歳 常勤勤務最終年)
月間最大走行日数   31日 48歳時 (最小日数   0日 40歳 肝炎で入院)

フル最高タイム 2時間47分25秒 35歳時

練習量はフル最高タイムを出してからいっそう増え続けましたが、記録は伸びませんでした。
練習はむやみにやっても記録は伸びません。内容が重要です。
でも無理していれば、力を維持することには役立ちます。
記録が伸びないからと言って練習をやめるのが一番いけないと思います。
故障をしたら、自分なりに原因を考えて直しましょう。

次の目標は、まずは総走行距離10万kmを目指します。これはあと3年以内に達成できそうです。
その後は走行年数50年です。これはあと10年です。
これからもお付き合いのほど、よろしくお願いします。
 

水曜練習

 投稿者:和木  投稿日:2017年12月29日(金)07時00分56秒
返信・引用
  12月27日
  参加者3名(平岡、野村、和木)
  和木 4'31"(4'06"/km)
 4周目まではジョッグ、5周目だけスピードを入れ、
6周目はダウン、5周目では平岡さんと野村さんの二人は
5分/kmペースで無理をしないで走りました。
冬場のスピード練習は膝にかなり負担がかかるため
無理はできません。スピード練習や距離を踏んだ時は
風呂場でアイシングをしています。湯船につかりながら
膝を出しその上に氷を載せているだけですが、効果は
かなりあります。
 先月から月間走行距離を250kmに変えると、気分的に楽に
なりました。周2回の休みを入れることができ体の負担も
軽減されたように思います。
 

レンタル掲示板
/23